confiture cotocoto

cotocoto4.exblog.jp
ブログトップ

お受験・・・

e0287978_13394697.jpg

今年は受験生と過ごす冬休み。
毎日塾弁を持って、朝から晩まで頑張る息子。

そんなにしなきゃいけないって?!
本人曰く、希望校には内申が足りないから当日点でなんとかしなきゃいけないそう(;^ω^)

よく頑張っていた中学生活のようだったけれど、内申をもらうのは定期テストや提出物だけではない
生活態度も評価されるから、息子にとっては厳しい評価だったかな・・・
なんともヒヤヒヤな受験となりそうです。

中学生になってから一度も揺らぐことなく憧れ続けた高校。
人気校だし、こっちはどう?・・・とか、ここもいいらしいよ・・・とかそそのかしてみたものの、やっぱり変わることなく志望校は決まりました。

「もしも願いがかなわなくても後悔したくないから、この高校を受けます」
・・・普段は物静かな息子がきっぱりと面談で言った時には、
一生に一度、うまくいっても、もしうまくいかなくても存分にチャレンジしたことは決して無駄にはならないだろう・・・だから応援しようと決めました。

でもな・・・弱っちい母は、決めたことなのに本当にいいのかな・・・って心配になったり。

すっきりっしない気持ちのまま先日、滑り止めの高校に行ってきたんです。
そしたら~もう最高にいい学校で、わが子の性格にはドンピシャ!!

「もうここにしたら~!!」なんてまたそそのかすような・・・そんな素敵な高校でした。

「あくまで併願で、本命校があります」そんな言葉にも、案内してくださった先生は快く、
「君は、いろんなことを継続して頑張ってきたんだから、自信をもって本命校を受験してな!
そのためには、この学校の特進クラスを突破して更なる自信にしてほしい、応援してるからな」

手を差し出して握手してさよならしました。

もう、こんな先生がいてるだけで「よろしくお願いします!!」って願書出しちゃいそうでしょ。
こうなったら、息子がどっちに転んでも私は安心。

どこの高校も素晴らしい教育環境が整っていて心配はいらないんだろうけれど、性格にあった・・・
とか、将来進みたい道に遠くないか・・・とか楽しめるか・・・とか親は子供が心配していないことまで深読みしてしまうんですよね。

息子も、この高校も気に入ったようで、最後の受験生活を悔いなく過ごしています。

・・・で、毎日の塾弁が始まったんですが、

①にぎやかな弁当はやめてほしい(いろんなおかずを入れないでくれ)
②カラフルなかわいい弁当はやめてほしい(目立つから恥ずかしい)
③デザートは入れないでほしい(女子みたい)

と要望があって、この冬休みは地味弁に心がけています。

でもな~・・・出た出た優柔不断な母。
長い時間勉強ばっか・・・楽しくもなんともなくってかわいそうな・・・

一日目にお弁当の端にお菓子を入れてみたんです。
見た目はハムのような・・・
そしてチロルチョコ(^^♪

ほらほら、チョコレートを食べると頭がどうとかいうじゃない?!
だからいいかな~と思って。

次の日は、さすがにお菓子はやめてくれと言われ、チロルチョコだけ(^^♪
e0287978_1491099.jpg
その次の日もチロルチョコ(^^♪
e0287978_14111732.jpg


「ママがしたいようにしたら・・・」くすくす笑って「なんでこんなんあるねん~」だって。
ちょっとうれしかったのか食べてありました。

こんなおかしなチロルチョコは、大阪でたくさん買ってしまってありました!
面白くって、笑っちゃうでしょ♪
笑うことも大事大事!

世間のお受験母とは、意識もほど遠いのかもしれないけれど、私なりに応援しているつもりです♪

受験って暗くって、イライラしていて、辛いってイメージしかないけれど、
ちょっと楽しみながら、当日が迎えられたらいいな~と思います。

どっちに転んでも悔いなし!!
明日も明後日も母は、地味弁つくりに徹します(*´з`)

受験生をお持ちのお母さま、あと少し塾弁頑張りましょ!!
[PR]
by cotocoto4 | 2017-12-27 14:23 | コンフィチュール