confiture cotocoto

cotocoto4.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

バトンタッチ♪

e0287978_11284637.jpg


おはようございます♪

なぜかFBの投稿ができず、お知らせができませんでしたが・・・(ごめんなさい!!)
昨日、シェフェスタin飛鳥がありました!

春の日差しがぽかぽかだったこともあって、朝から沢山の方に来ていただきました(^^♪

cotocotoは、屋外イベント2回目。
前回はテントがうまくたてれなかったので、何回も練習して準備はばっちり☆
今回は、ちゃちゃっと準備もできて余裕のスタートでした。

今回のご試食は、昨日炊き上がったばかりの人参をりんごと数種の柑橘で炊き上げたジャム・・・
桜の季節なので、リンゴベースの桜ゼリー・・・
さわやかなレモン2種・・・旬のころころイチゴ・・・
それからめずらしいジャムと、みんなが大好きなジャムをご用意しました。

「私、イチゴジャムしか食べへんねん」っといっていたおばあちゃんですが、あれこれお味見してくださって、レモンのマーマレードも「これ好きやわ!イチゴ以外は食べへんねんけど、これは明日のあさに食べるわ♪」って選んでくださり、

小学生の女の子が、じぶんのお小遣いでお土産に選んでくれた「イチゴココナッツ」・・・??

ご家族で来られている方は、「どれにする?  私はこれがいいけど、あなたはどれが好き?」
家族会議・・・たいていは、奥様と子供さんの意見で決めていたような・・・(笑)

中には、お子さんと相談していたんだけど、意見が分かれて、人参がお気に入りのお母さんに、イチゴが好きなお子さんの対立!!
「僕、にんじん嫌いやねん!!食べたくないねん!!」ってかたくなに拒む子供に
「食べてみーひんかったらわからんやろ!!」っと何としても食べさせたいお母さん(;^ω^)
最後には、泣く子供の口に押し込んだりして・・・あらら・・・
そしたら、泣きながらひくひくしながら美味しい・・・って
お母さん、ホッとしたのか「cotocotoの野菜ジャムは美味しいねんって!!」
・・・ありがとうございます♡

私よりも説得力ある・・・(;^ω^)

結局、お子さんが人参のジャムを選んでくれて、お母さんはイチゴを・・・
ここにも、思いやりがあってほっこり♡

ちっちゃなお子さんを連れているお母さんは、人参のジャムを皆さん選ばれていました。
というわけで、1番先に完売になったのは、人参のジャムでした♪

ジャムが大好きなご夫婦は、お散歩ついでに全種類ご試食してくださって、
ご試食いただいたすべてを選んでくださいました。
8本ともなるとそこそこ重たいんです・・・ご年配だったので、お送りしましょうか?
って尋ねたら、「明日の朝、食べたいから~ 半分ずつに入れてください。」っておっしゃられて・・・
ご夫婦で半分ずつ持って帰られました。
こんな素敵なご夫婦にもほっこり♡

「あなたのジャムは、間違いがない。」
「やさしい味がするわ、来てよかった??ありがとう」
お褒めの言葉に、頭が上がりませんでした。

今日もあっという間におしまい・・・
食べて下さる方のお顔を見て、お話しして、いっぱーい思いを心に詰め込んで帰りました。
あったかい・・・
春の日差しにも負けないくらい、cotocotoに来て下さった方々は温かかったです??


「美味しかった!!」
「ありがとう」
「あなたに会えてよかったわ」
「必ずまた来ます」

・・・今回もまたまたみなさんに沢山の思いやりの心をいただきました。
本当にありがとうございました。

cotocotoのジャムが、やさしい味がするって言っていただけるのは、きっとみなさんの思いをたくさん感じて炊き込むから・・・
やさしさのバトンタッチ・・・なんじゃないかと思います。
皆さんからいただいた、やさしい気持ちで鍋に向かいます(^ω^)
次に食べていただく方にも、大切に届けられますように・・・??

皆様、本当にありがとうございました!!

ひとさじのconfitureから笑顔が生まれますように・・・
[PR]
by cotocoto4 | 2015-03-29 12:36 | コンフィチュール

男心と女心

e0287978_13262558.jpg


こんにちは。
バレンタインが終わったかと思ったら、あっという間にホワイトデーですね。
cotocotoには、ホワイトデーのお返しを見つけに来られる方がたくさんいらっしゃいます。

いつもまん丸いイチゴはプリザーブスタイルのコロコロイチゴのジャムとして炊き込みをするんですが、大きくて完熟のイチゴは無農薬でねっとりとした濃厚なバナナ、そしてチョコレートと合わせて炊きます。
これは、女の子が大好きなスイーツ??イチゴバナナパフェをイメージして生まれた
女の子のためのジャム。・・・だったんです・・・昨日までは・・・。

ネーミングは、「イチゴ+バナナ+チョコレート=おとめ
心」

そう、cotocotoのジャムには、すべて名前がついているんです。
愛おしく炊いたジャムたちに、ふさわしい名前を考えてお嫁に出すんです。
これも、私の楽しみで、あれがいいかなー??これがいいかなー??
ジャムを見ながら考えるんです。
そしたら、ほんとピッタリくる名前が思いついて命名するんです。
これは、子供が生まれた時のような幸せな時間で、自己満足だけど、どの名前もお気に入りです(^ω^)

ところが・・・
このジャム、なぜか男の人に人気で。
柑橘系は女の子が好きで、どちらかといえば男の人はお子様味がお好みなのは
100も承知なんですが・・・

大しっぱーい!!

「イチゴ+バナナ+チョコレート=男心」だったんだ・・・

そう、cotocotoに来てジャムを選んでくださる方は、30種類くらいの中から選んでいただくんだけど、一番先に手にされていた!!
昨日の方も、その前の方も・・・
そして、名前を見て照れくさそうに、「えー!そうなんや。僕が選んだけどなんか・・・恥ずかしいな」って・・・ごめんなさい・・・なずけ親がいけないんです・・・

それより、cotocotoのジャムを男性が買いに来られることも、結構驚かれます。
女性の方はもちろん、男性の方も一言目には必ず「可愛いですね♡」
ってキラキラした目でジャムを見て下さいます。

「はい!私が生んだ子なんです??」
心の中では、わが子を可愛いって言ってもらっているみたいで、むちゃくちゃ嬉しくって♪
言った男性の方も、「可愛い」って・・・俺どうかしてる?女の子っぽい表現になんだかちょっと
恥ずかしそう・・・(;^ω^)

可愛いものは、女の子も男の子も好きってことよね・・・
190センチくらいのおっきな方も、おじさんも、おじいちゃんも・・・女の子とおんなじ目をしてる。

よし!!
今日は、イチゴチョコバナナの名前を変えよう!!
恥ずかしがらずに手にしてもらえる、みーんなが食べれるような名前・・・
ジャムを眺めて、お茶を飲みながら・・・
さてさてどんな名前なるのか、お楽しみに♡
[PR]
by cotocoto4 | 2015-03-07 12:32 | コンフィチュール

だから・・・できること。

e0287978_22252120.jpg


こんばんは。
またまた、久しぶりのブログです(^ω^)

今日は、JA奈良県が主催するお料理コンテストのファイナルでした。
応募総数623点。

テーマは、大和野菜を使ったお弁当。

お弁当というのは、小さな宝石箱のようで、お皿に盛りつけるのとは違って食べやすい大きさ、彩り、主食や副菜のバランス、焼く、煮る、和える、揚げる・・・など調理方法、カロリー的な観点・・・
そして一番大事なのは、意外性が求められます。
私はもちろんconfitureを使ったお弁当・・・使ったジャムは6種類。

おそるべし柿マジック・・・白和えの素になる柿×マンゴー
ゆずと胡椒のジャム・・・奈良漬けとみょうが、大葉のあえ物に
宇宙的?未来的?りんごゼリー・・・大和イモと鶏肉の和風のチリソースとして
赤が伝えるメッセージ・・・アップルパイのような果肉ゴロゴロのジャム
                ・
                ・
                ・
私が、お料理のコンテストに出るのには、ある思いから・・・

ジャムのお仕事を始めたころは、おじいちゃんや、おばあちゃんの作った美味しい野菜を何とか保存できないだろうか・・・
どうしたら代々受け継いできた農業を子供たちに受け継いでいけるだろうか・・・
お料理の学校を出ていないのに、私がジャムを炊いてお店に並ぶなんていいのかな・・・始めたころは色々悩みました。

世の中には、有名なパティシェの方々や、シェフの方々がいます。
私が肩を並べることはできません。
子育て中だから無理なことも沢山あります。

でも、主婦だから、あったらいいなってものが作れたり、ママだから悩みを持つお母さんのことが分かったり・・・
私にだからできる事があるんじゃないのかなって思いました。

それぞれに置かれている環境の中で、生まれることってあるんだと気付きました。

野菜嫌いの子供を持つお母さんが、野菜をたくさん食べさせれるジャムがほしい・・・
そんな思いだったり・・・

春まで生きれない母に春の香りを感じさせてあげたい・・・
そんな思いを聞いて生まれた「桜の花のリンゴゼリー」
今では、お祝いのジャムとしても愛されていますが、季節を感じることができるジャム・・・

「体ぽかぽか新生姜のジャム」は、介護と障害を持ち、精神的にまいっているお母さんに送りたいという友人から頼まれ生まれたジャム・・・

そして「ありがとう・・・これからもずっと??」は、クリスマスにプロポーズをする彼女に送りたいという男性からの依頼で生まれたジャムです。
ビンの中で、ジャムに舞降る雪が、クリスマスが過ぎると消えてしまう・・・
とってもロマンチックなジャムです。


こんな風に、ジャムを買いに来られる方は色んな思いを持ってこられます。
ちっちゃな工房だからできること・・・
買いに来られる方に寄り添える・・・そんなcotocotoでいたいと思いました。

私を支えてくれる、沢山の方に私の気持ちを伝えたいと思いました。
言葉では伝えきれないくらいの「ありがとう」をcotocotoを応援してくれている皆さんに・・・

最高賞をいただき、少し・・・ほんの少しだけど、私の気持ちが伝えられた気がします。

だからできること・・・私はこれからも大切にしていきたいと思います。

ひとさじのconfitureから笑顔が生まれると信じて・・・??
[PR]
by cotocoto4 | 2015-03-02 00:15 | コンフィチュール