confiture cotocoto

cotocoto4.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これがいい・・・それがいい??

e0287978_23483365.jpg


今日はいいお天気。
こんなにいいお天気だと、気分がよくってあれもこれもしたくなりますよね。

お洗濯に、いつかとおもって手つかずのパントリーの片づけ・・・
ちゃちゃっと済ませて、さあジャムの時間♪

私のジャムにまつわるお仕事は、炊き込み以外にも沢山あります。

商品ラベルにバンビの未開封シール貼り、炊き込んだジャムの検品に検査送り・・・
打ち合わせに、新作の試作、コラボ商品の開発・・・
お取引の農園めぐりに、納品、棚卸・・・

どれも1つとして必要ないものはなくって、それでいて、それぞれの楽しみがあります。
今日は、cotocotoを手伝ってくれているお友達と、ギフトの発送準備♡

そしてもう一つ大事なお仕事があったんです。
それは、今年度、奈良テレビさんのプレミアムギフトにcotocotのジャムが仲間入りするにあたって、商品カードの撮影をしようと思っていたんです。

他のお店は撮影してもらっているようなんですが、入稿までタイトなスケジュールだったので、
「奥田さんが撮ってもらえますか?」ってことになってしまったんです。

引き受けた私も私なんですが・・・

鈴木さーん!!私の写真でだいじょうぶですか???
お友達は、「え???あっこちゃんが撮るの???」ってクスクス笑ってるし。
そりゃー心配だ・・・
こんなことなら、カメラの勉強をしておけばよかった・・・


でもでも、ノープロブレム!!

私には、とっておきの場所があるんです。

私のキッチンは南西にあって、11時ころには何とも言えないやさしい光が差し込み、抜群の写真が取れるんです!!
これは、写真のことがわからない私が唯一見つけた、とっておきの場所と時間(^^♪

きました~11時♪

さあ、はじめましょ!!

三脚を立てて、自分なりの構図通りにジャムを並べて・・・
一目ぼれして買った私の宝物・・・2500円の真鍮のスプーンに大好きなアンティークのフレームの出番。

レンズ越しにみたら、すんごくいい♪

「いけてる???」
「ううんむっちゃいけてる~♡」

気分はカメラマン・・・

ちょっとジャムを動かしたり、ちょっと機能をいじってみたり。

「もっと上からの方がいいんじゃない?」
「そう?こんな感じ?」

「ここって不自然なんじゃない?」
「ほんとホント・・・」

「これならいい感じ♪」
「もっと近づいてみようか!」

片足はアイランドの上・・・後ろ姿に笑う2人(;^ω^)
この後ろ姿を写真にとってのせよ~ってもりあがってる・・・私は真剣なんですけど・・・

3人であーだこーだ言いながら、どうしたらこのジャムたちの魅力が引き出せるかなーって
悪戦苦闘・・・

・・・うーん・・・私の目にシャッターが付いていて、ぽちっと押したらみたまんまのものが
写真になったらいいのになー

「そのうち、近い将来できるんじゃない?」
「でも、それってSDカードに入るってこと?」
「どこから差し込むの?」
いくらなんでも、そんなことはむりよね~・・

一人二役のやり取りが頭の中ではじまった。

写真撮影の時は、必ずと言っていいほどおんなじことを考えてます・・・

そんなこと考えてないで、シャッターを切らなきゃ。
とっておきの場所は、お昼を回ると光がきつくなって、やさしい写真が撮れないんです。

何十枚も色んな角度から撮ったんだけど、なかなか納得いくものが取れなくって・・・
焦りだしたとき、

「そうだ!!私には強い味方がいるんだった!!」

カメラマンのOさん。
先日の打ち合わせで、色んな事を教えてくれた方。どうしたらいいか聞いてみよう!!

「ジャムが艶やかで、温かい感じに撮りたいんですが、色が思うように出なくて・・・」
そしたらOさんが、いろいろアドバイスしてくださって、
「やってみます!!」

そして数時間・・・

「これがいいんじゃない?」
「うんうん、いい感じだよね!!やったね!!」

ようやく思い通りの写真が撮れました??

「ありがとうございました。いい写真が撮れました。」

Oさんにお伝えしたら、めーいっぱい褒めてくださいました(^^♪
褒めすぎ~

いやいや、わかってるんです・・・プロの方から見たら、あららって思うところがいっぱいあるのは・・・・でも、美味しそう・・・楽しそう・・・って感じて下さって褒めて下さったのが嬉しくて♪

愛おしいジャムだからこそ、素敵に撮りたくて納得のいくまでみんなに付き合ってもらったけれど、楽しかった!!

思った写真が撮れて、あ~よかった(^ω^)

これがいい・・・そう・・それがいい??
[PR]
by cotocoto4 | 2015-04-23 01:18 | コンフィチュール

おとぎの国・・・そして・・・

e0287978_13283677.jpg



こんにちは。
雨かと思ったら、お日様が差し込んで一気に春らしくなりました♪

こうでなくっちゃ!!みんなが大好きな春なんですもの??

先日書いたブログ・・・
実は、その後・・・があるんです。

私は、早生まれ。
そして、ちょっと世間知らずのおっとりした子供でした。
もう、先日のブログを読んだ方は、天然だな・・・って感じたかもしれませんが・・・(;^ω^)

だから、入学したての私のことを、きっと担任の先生もいつも気にかけて下さっていたんだと思います。
だから、しっかり者のともこちゃんに、一緒に帰るようにお願いしていたんですね。
・・・今頃、そうだったんだろうな・・・ってわかったんですが。

私が、畑に迷い込んだ次の日、先生がみんなに大きくなったらなりたいものを書こうって言ったんです。
いまどきの子と違って、将来の夢なんてわからなかったと思います。

私の席は、窓際。

外の花壇には、色とりどりのチューリップが咲いていて、
まだ、昨日の楽しかったことが、頭の中いっぱいで・・・
チューリップを見ていたら、「また行きたいな~」って思ったりしていたことを覚えています。
そして、チャイムぎりぎりで決めた将来の夢。

「ちゅーりぷになりたい」

・・・あちゃー・・・
そう・・・なれないものを将来の夢に書いたのは、私だけでした。
それが、おかしいことも感じないまま、文集は思い出の箱にしまわれ・・・

月日が流れ・・・20数年たったある日。

いつものように仕事から帰ると、私宛の大きな封筒がありました。

差出人を見たら、「1年2組 いがらしゆみこ」と書いてありました。

え?!先生?!

急いで封筒を開けてみると、中にはお手紙と文集が入っていました。

「拝啓、晶子様。
あなたが入学してきた日のことが、昨日のことのように思います。
月日の流れは早く、あなたはもう立派な女性になられているんですね。」
あなたの書いた、将来の夢・・・
少し形は違うけれど、夢が叶いましたね。
              ・
              ・
              ・
どうか、あの日おとぎの国で出会った、感動や人の温かさを忘れずに、
これからも、人を幸せにできる女性でありつづけてください。
私はずっと、あなたの担任です。
これからも、夢に向かって頑張ってください。
益々のご活躍をお祈りしています。

              ・
              ・
              ・                  
                 1年2組担任  いがらし ゆみこ」

頭のてっぺんから、つま先まで 突っ切るようななにか・・・


先生は、新聞やテレビでお花を生ける私を見て、あの日の文集を思い出し、大きくなったなって思ってくださっていたんです。

ある時、お花の記事を頼まれた時に、おとぎの国の話を書いたんです。
その紙面を見て、今のあなたに見てもらいたいと、倉庫の中から20数年前の文集を
探し、送ってくれたんです。


・・・プルルルル♪・・・
心臓はドキドキ、何を話すかなんて考えないまま電話。
「先生、晶子です。
私・・・先生、文集の・・・畑の事・・・ちゅーりぷ・・・」
もう、次々に出てくる言葉はどれも単語で、何から話したらいいかまとまらなくって。

最後は涙でちゃんと喋れなくって。

先生はクスクス笑って、
「晶子ちゃん、声も変わってないけど、おしゃべりもそのまんま」って。
         
「私の教師生活の中で、あんな夢を書いた子は、あなただけ。
だから、忘れられなくって、いつも気になっていたのよ。」

先生とお話ししたのは、20数年ぶりなのに、やっぱりゆみこ先生もそのまま。

先生は「この文集は、あなたに子供ができたら見せてあげてね。いつかあなたに再会できる時が来たらと思ってとっておいたの。そういってくれました。

ずっと先生が、いつか私に渡そうと大事にもっていてくれた文集。
ありがとう・・・先生♡

立たされるとき、名前を呼んだら、褒められると思ってか、すごくいい顔したから
叱るのがかわいそうだったことや、先生がその後おばあちゃんに謝りに行ってくれていたこと・・・
先生から知らなかったことを聞いて、すごく温かなきもちになったな。

そんな日から更に10数年・・・

ちょうどチューリップの咲くころだったな・・・あの日。

私の子供も、1年2組。

将来の夢あるのかな・・・今日の夜ベッドに入ったらゆっくり聞いてみよう。

もし、チューリップになりたいって言ったら???

「なれるといいね??」・・そうママは決めてるよ・・・
[PR]
by cotocoto4 | 2015-04-17 18:13 | コンフィチュール

おとぎの国

e0287978_0522674.jpg



こんばんは。
最近は、雨ばかり・・・
こんな日は元気カラーの人参のジャムを炊きましょ♡

人参といえば忘れられない思い出があるんです。

私が1年生になりたてのある日、初めてできたお友達のともこちゃんとの帰り道。
「あっこちゃん、今日はこっちの道から帰るで」
「でも、決まった道から帰らないと怒られるもん」

そんな言葉は気にしない大物ともこちゃんは、私の手をぐいぐい引っ張って、
細い坂道を上った。

そこは広ーい畑。
・・・とは知らず・・・

「あっこちゃん、これ引っ張ってみ!」
「うん」・・・引っ張ってみたら、こっちは白!!こっちはオレンジ!!そしてこっちはなんかゴロゴロついてる!!

「と・と・ともこちゃん!!これって人参だよね?」
「ピーターラビットの絵本に出てくる人参だよね???」
「すんごーーーーい!!」
大興奮の私。

・・・うちは過保護だったので、ずいぶん世間知らずだったんです・・・

だって、人参が土の中にあることも、葉っぱが付いていることも知らなかったんです(;^ω^)
ともこちゃんは、知っていたのかな…

「ともこちゃん!こっちは私が引っ張るから、ともこちゃんは、こっちね!!」

もう興奮MAX!!

主導権はすっかり私に変って、「ともこちゃん!!ここはおとぎの国だよね!!
ここは二人の秘密にしよっ!!」

ランドセルをひっくり返して、もらったばかりの教科書をぜーんぶほおりだして、ありったけの人参を詰め込んで、「これはお母さんに♡」
「このお花は、おばあちゃんにお土産♡」

きっとお母さんびっくりするだろうなー??

もう見せたくって自慢したくって、大興奮のまま、全速力でお家まで帰ったな。

「どうしたの?」
「あのね、お母さんにだけ教えてあげる!!おとぎの国を見つけたの」
「人参がね・・・」

息をするのが精いっぱい。
ランドセルをひっくり返して人参を並べて、「すごいでしょ!!」

そう、きっとその頃、お母さんは何があったのか気づいていたんだと思います。

・・・ピンポーン・・・

「お客さんだから、ちょっと待っていてね。」

少ししてお母さんは、泥だらけの教科書をもって戻ってきた。
そして私に「おとぎの国へ連れて行って」って言って、なぜかお客さんも一緒におとぎの国に・・・

おとぎの国についてしまった・・・どうしよう・・・内緒なのに・・・

そしたら、おばあちゃんが、「あなたはこっちね」「人参は葉っぱの付け根をしっかり持って、まっすぐに引っ張るんやで」って教えてくれた♡

そっか・・・そうしたら葉っぱがちぎれないんだ!!
おばあちゃん、すごい!!残りの人参をみんな抜かしてくれた。


その後の事といえば、次の日に廊下に立たされたことしか記憶にないんだけど、
お母さんが、私に子供ができた時に話してくれたこと・・・

畑のおばあちゃんが、一部始終を見ていて、「あんまりにも楽しそうに野菜を収穫?してるんで、おかしくって、おこる気になれませんでした」って。
そして次の日に、教科書がないと困るだろうからと、私のあとを付いてきてくれたんだそうです。

きっとおばあちゃん、私を見失わないように、走ってくれたんだろうな・・・
しんどかっただろうな・・・
っていうか、大事に育てたお野菜を片っ端から引っこ抜かれているのに、母に叱らないで下さいねって言ってくれたんですって。

本当におばあちゃん・・・やさしい♡

母は、申し訳ないので、引っこ抜いた人参や野菜をお買い物させていただいて、あまりにも沢山あった人参をどうしようかって困ったんよって話してくれました。

今ではちょっと恥ずかしいような、懐かしい思いで・・・
人参のジャムを炊くたびに、思いだします(^ω^)

おばあちゃんにもし会えるなら、人参のジャムをたくさん持ってお礼とお詫びに行きたいな…って思います。

今でも鮮明に覚えているおとぎの国への道。

次のお休みに1年生になりたての娘を連れて行ってみようかな??
[PR]
by cotocoto4 | 2015-04-15 01:50 | コンフィチュール

一番遠くて近いもの

e0287978_15171398.jpg



「願いはかなう・・・」

私は、そう信じています。
でも、時には叶わないものもあったり・・・でも、それは今は叶わないけれど、この先必ず叶うものだと思っています。

そして、夢を追いかけることはしないと決めています。
なぜなら、夢に偏ってしまって、本当に炊きたいものから、夢に合わせた炊き方になってしまう気がするからです。

こだわり、磨き、努力の末にご縁があれば、夢が叶う・・・
私にとっては、そんな自然なものだと思います。

私が、ジャムを始めたころ、色んな夢がありました。
そして、その夢は時を経て、様々なものに変わり、夢から現実になるもの・・・
夢が夢でなくなることも・・・。

その中で、もしも叶わなかったとしても、持ち続けたい夢がありました。

それは、フェリシモさんのセレクション♡

出会ったのは学生時代。
毎月、何が届くかわからない玉手箱のセレクションに魅了され、わずかなお小遣いから、何を買おうか何度も冊子をめくっていたっけ・・・

そして、お仕事をするようになって、365日休む間もなくはたらいていた頃に届いた冊子。
頑張る自分へのご褒美にって、お買いものしたな・・・

子どもが生まれて、思うようにお買い物に行けなかった頃、やっぱり届いた冊子をめくっていたな・・・

ママ友ができてからは、毎月届くケーキをみんなで頼んでのお茶会・・・ワイワイした楽しかった思い出・・・♡

そう、この冊子には心を満たすようなセレクションがいっぱいで、夢がたくさん詰まっていて。

私も、頑張っている方に届けられるようなジャムのセレクションができる日がきたら幸せだな~って
思いました。

一番遠くて大きな夢・・・

もし、そんな日が来たらもうこれ以上の夢はないって思っていました。

そして、そして・・・その夢が叶いました!!
今年5月からのセレクションにcotocotoのジャムが仲間入りすることになりました!!

今、私は両手いっぱい広げて、その夢をぎゅーって抱きしめています。

決まってから、カタログができるまで半年・・・
なんだか、夢を見ているような・・・何かの間違いかも・・・
半信半疑で迎えたミーティングで、出来上がったカタログをいただきました。

セレクションに選んでいただいただけでなく、中表紙にも選んでいただいて、
きれいにおめかししたcotocotoのジャムは、本当に愛おしくって、
ページを開いた時は、鳥肌ものでした(;^ω^)

一番遠くて一番大きな夢がすぐ近くにある・・・

これ以上の夢はないって思っていたけれど、
箱を開けた時に、「わあ~!!」ってワクワクした、あの時の感動を、私もお届けしたい・・・
そして、おすそ分けで、幸せをつむぐ食のリレー・・・
今、新しい夢ができました。
夢はどこまでも続いていくんだなって思いました。

きっと叶う・・・
だから、その時に自信をもって夢を抱きしめることができるように、これからも
ジャムに、まっすぐに向き合っていきたいと思います♪

いつも応援してくださっている皆さんへ・・・
ありがとうの気持ちがいっぱいです♡
こうして、夢が叶ったのも皆さんに支えられてきたからだと思います♪
これからも頑張ります!!

ひとつ・・・ふたつ・・・幸せをつむぐことができますように・・・
[PR]
by cotocoto4 | 2015-04-08 16:50 | コンフィチュール

あたふた。

e0287978_14294911.jpg



こんにちは。
静かな午後・・・春休みの疲れも出てきて、今日はまったり・・・♪

先日は、舞洲のマルシェに初出店してきました!!
ご縁をいただいて、ドキドキしながら迎えた大きなマルシェ。

前日から雨の予報だったので、テントの雨よけがいるんじゃない?
    ゼビオに走り・・・

雨でも風でもしっかりした机がいるんじゃない?
    アルペンに走り・・・

ご試食のクラッカーがしけっちゃうんじゃないの?
    パンを焼くための強力粉を買いにスーパーに・・・

そんなこんなで眠れずに、朝を迎えました。

高速は苦手・・・降りるの間違ったらいけないし・・・渋滞するかな・・・
心配がいっぱいで、5時45分に出発!!

・・・はい・・・休日の雨の早朝、渋滞するわけもなく6時半に到着(;^ω^)

初めてのオートキャンプ場。
皆さんの様子を見て、ちゃちゃっとテントを設置。
なんてったって「簡単タープ」ですから~(笑)

そのあとも、準備はばっちり!
雨だから、外にはあまり飾れないので、キャラメルラテまで飲めちゃう余裕♡

私も、イベント4回目・・・ちょっとは、わかってきたな~って嬉しく思っていたら・・・

「cotocotoさん、お隣のブースですよね?」

えー!!すみません!!・・・ここは、「たっくんのバームクーヘン」屋さんのブース・・・

もう、テンションガタ落ち。
というか、やっぱり私っていけてない・・・

でも、たっ君のバームクーヘン屋さん、むっちゃくちゃやさしく、
「初めてですか?僕、隣に建てますから場所交代しましょ」って言ってくださって♡

やっぱり余裕なんてなかったんです(;^ω^)
ラテなんて10年早いって感じ・・・反省です。


いよいよ始まり~
門の前には長蛇の列!!

門があいた途端、うわ~って走ってきて皆さん、おきにいりのお店にいちもくさん!!

cotocotoへは、初めてさんが来てくださって、皆さんにご試食いただいて楽しい会話も楽しめました♡
10年ぶりの親友も遊びに来てくれて、大阪には全く知られていないcotocotoには、ほんとホッとするひと時でした♡
あたふたして、ゆっくりお話しできなかったけど、ジャムをしていなかったら、再会なんてなかなかできなかったんだもん、ジャム様様??

レモンのマーマレード、人参のジャムはあっという間に完売!!
「cotocotoさん、また会える?」
嬉しいお言葉・・・
「あれもこれもほしい~!次回も楽しみにしてる♪」
ここでも、沢山の栄養をいただいて・・・もうぶくぶくに幸せ太り。

雨がひどくて、ちょっと早めにイベントが終わったのだけど、今日も沢山のことを学びました。

備えよ常にって、息子たちがボーイスカウトで教えていただいている言葉。
今の私に一番大切かも。

てんやわんやの1日は、皆さんに支えられて無事終了~

テントの雨よけをしたら、ものすごーくピンクな空間になることも学びました(笑)

まだまだ、初めてのことがいっぱい・・・

あたふたしないで、イベントに望める日は来るのかしら???

舞洲のマルシェに、お越しいただきました皆様、ありがとうございました??
次回は、けいはんな記念公園で行われます、5月のマルシェにcotocotoも参加いたします!!

今度は、晴れますように・・・
[PR]
by cotocoto4 | 2015-04-07 15:17 | コンフィチュール