confiture cotocoto

cotocoto4.exblog.jp
ブログトップ

だから・・・できること。

e0287978_22252120.jpg


こんばんは。
またまた、久しぶりのブログです(^ω^)

今日は、JA奈良県が主催するお料理コンテストのファイナルでした。
応募総数623点。

テーマは、大和野菜を使ったお弁当。

お弁当というのは、小さな宝石箱のようで、お皿に盛りつけるのとは違って食べやすい大きさ、彩り、主食や副菜のバランス、焼く、煮る、和える、揚げる・・・など調理方法、カロリー的な観点・・・
そして一番大事なのは、意外性が求められます。
私はもちろんconfitureを使ったお弁当・・・使ったジャムは6種類。

おそるべし柿マジック・・・白和えの素になる柿×マンゴー
ゆずと胡椒のジャム・・・奈良漬けとみょうが、大葉のあえ物に
宇宙的?未来的?りんごゼリー・・・大和イモと鶏肉の和風のチリソースとして
赤が伝えるメッセージ・・・アップルパイのような果肉ゴロゴロのジャム
                ・
                ・
                ・
私が、お料理のコンテストに出るのには、ある思いから・・・

ジャムのお仕事を始めたころは、おじいちゃんや、おばあちゃんの作った美味しい野菜を何とか保存できないだろうか・・・
どうしたら代々受け継いできた農業を子供たちに受け継いでいけるだろうか・・・
お料理の学校を出ていないのに、私がジャムを炊いてお店に並ぶなんていいのかな・・・始めたころは色々悩みました。

世の中には、有名なパティシェの方々や、シェフの方々がいます。
私が肩を並べることはできません。
子育て中だから無理なことも沢山あります。

でも、主婦だから、あったらいいなってものが作れたり、ママだから悩みを持つお母さんのことが分かったり・・・
私にだからできる事があるんじゃないのかなって思いました。

それぞれに置かれている環境の中で、生まれることってあるんだと気付きました。

野菜嫌いの子供を持つお母さんが、野菜をたくさん食べさせれるジャムがほしい・・・
そんな思いだったり・・・

春まで生きれない母に春の香りを感じさせてあげたい・・・
そんな思いを聞いて生まれた「桜の花のリンゴゼリー」
今では、お祝いのジャムとしても愛されていますが、季節を感じることができるジャム・・・

「体ぽかぽか新生姜のジャム」は、介護と障害を持ち、精神的にまいっているお母さんに送りたいという友人から頼まれ生まれたジャム・・・

そして「ありがとう・・・これからもずっと??」は、クリスマスにプロポーズをする彼女に送りたいという男性からの依頼で生まれたジャムです。
ビンの中で、ジャムに舞降る雪が、クリスマスが過ぎると消えてしまう・・・
とってもロマンチックなジャムです。


こんな風に、ジャムを買いに来られる方は色んな思いを持ってこられます。
ちっちゃな工房だからできること・・・
買いに来られる方に寄り添える・・・そんなcotocotoでいたいと思いました。

私を支えてくれる、沢山の方に私の気持ちを伝えたいと思いました。
言葉では伝えきれないくらいの「ありがとう」をcotocotoを応援してくれている皆さんに・・・

最高賞をいただき、少し・・・ほんの少しだけど、私の気持ちが伝えられた気がします。

だからできること・・・私はこれからも大切にしていきたいと思います。

ひとさじのconfitureから笑顔が生まれると信じて・・・??
[PR]
by cotocoto4 | 2015-03-02 00:15 | コンフィチュール