confiture cotocoto

cotocoto4.exblog.jp
ブログトップ

ひとりごと

e0287978_12482621.jpg
私がブログを書き始めたころ、何てことのないその日のことを綴ったり、自分の世界で色んな事を書いてきたんですが、いつしか、沢山の方に読んでいただける様になって、なんだか心の中を見すかされてしまう様で恥ずかしかったり・・・少しづつブログから離れてしまっていました。

夜になると眠くって思考回路がピタッと止まってしまうってことも大いにありますが(;^ω^)
やっぱり、良いことも悪いことも、想いを綴っていきたいと思います。

それは、ここ最近、自分の生き方や、周りを取り巻く環境、仲間、取引先・・・色んな事を見つめる機会があったから。
それは嬉しいことも、残念なことも・・・

先日お客様への商品が破損して届けられました。
色々考えられることも反省点もありますが、今回は運送会社の方から過失があったためと説明と謝罪がありました。
人のすることなので、失敗がないにこしたことはありませんし、あってはならないことなんだと思いますが、起こってしまったことは変えられません。
その時に、直接cotocotoへのご注文だったとしたら謝罪の連絡ができたのに・・・
企業様の商品の場合は、それができません。
初めての事で、胸が痛く、立ち直ることも出来ずにいました。
・・・本音で言うと今も引きずっています。
そして追い打ちをかけるように、返送依頼をしていた破損品を、いとも簡単に「処分してもらうよういいました」と連絡が入りました。
うそ・・・破損状態を見て、何が原因で何を改善しなければいけないのか、ちゃんと向き合いたいとお願していたのに・・・
「お客様主義ですから・・・」そう?処分してもらうことがお客様にとって一番いい方法なのかな・・・
疑問が残りました。
真摯に向き合うならば、それは違うと思いました。
そして「処分」という言葉がどうしても消化できずにいます。
ジャムは、商品ですし、物扱いなのかもしれんません。
でも、そのひと瓶には、農家さんが、食べてくれる人を想い丹精込めて育て、加工者に託してくださいます・・・
受け取った加工者は、その思いを受け止めて心を込めて仕込み、炊きこみます。
なので、胸が痛かったです。
ごめんなさい・・・
お客様にも、生産者さんにも謝りたい気持ちでした。
「了承してください」・・・小さなcotocotoをうなずかせるのは簡単なことなんだと思います。
だけど、私だけじゃない・・・この中に詰まっているものはみんなの思いなんです。
だから、そんな思いでcotocotoのジャムを扱われることが辛くて凹んで・・・
「失礼なことをしました・・・奥田さんの気持ちは十分理解していますし・・・これからも協力してください・・・」
取繕った言葉を並べられても、話していたらわかる都合。
その人の立場もわかるから、悔しい。
行き場のない気持ちで、大きく深呼吸して思いを伝え確認することがやっとでした。
大人になった・・・泣かずに冷静に話して・・・
いやいや、泣くのをこらえてるからすんごい顔していたと思う。

「もう人生の終わりみたいな顔しやんといて~」
笑われました。
わかってる。
一緒になって凹んだら、どんどん深みにはまるから・・・だよね。
ほんとホント救われました。
どん底まで凹んだら後は自分の足で立ち上がらないと・・・
色んな立場があって、いろんな思いがあって、色んな手段もあるからね。

日々勉強です。
相談したらすぐに来て図面をひいてくださった企業様、(投げても壊れない箱ね!!)
次回からの瓶の一つ一つのさらなる検査をしてくださった営業さん、
早急に対策を一緒に考えてくれた仲間がいてくれてありがたかった・・・助けられて、支えられてcotocotoがあります。
意味のないことなんてない・・・そう。
見えていなかった事が見えたことも、気づきもあった。
わかってくれる人だけでいい。
わかってもらえるように、私の思いも綴っていきます。
沢山の人に届けられる「もの」でなくっていい。
じわっと、ゆっくりあったい気持ちが繋いでくれるところに届けられますように・・・

さあ、明日からまた気持ちを切り替えていきましょ♪











[PR]
by cotocoto4 | 2018-09-28 14:40 | コンフィチュール