confiture cotocoto

cotocoto4.exblog.jp
ブログトップ

メニュー変更・・・( ;∀;)

e0287978_22405026.jpg
明日はオープンデー♪
昨日の撮影に全神経を注いでいたので、いつもより準備ができていない(´;ω;`)
なので、今日は朝早くから買い物や仕込みに大忙しでした。

えっと・・・まずはこだわりのないものから買っちゃいます。
子供たちを送り出して、7時半から買い物に(^_-)-☆

私には行きつけのスーパーがあって、ここのおばちゃんのおころで鶏肉。
ここのお兄ちゃんのところでお魚。
牛肉は、ここ。
そしてもっともっと詳しく言うならば、ローストビーフにするならこのお店のお兄ちゃんが切ってくれるこの形、この部分がいい・・・なんてこだわりもあります。

オープンデーのメニューは、2週間前くらいからじわじわ考えだし、そして注文したりします。
今回は、クリスマスに向けてローストビーフをご紹介しようと思って1週間前に、いつものお兄ちゃんに電話・・・

「いつもローストビーフでお世話になっている奥田です。」
「あ~こんにちは!」
「今回は17日に取りに行かせていただきたいんですが、出勤されてますか?」
・・・ロストビーフでお世話になってるって・・・なんか変(;^ω^)ですが・・・
そして出勤って・・・そう、このローストビーフを切れるのは、このお店でこのお兄ちゃんたった一人なんです。
だから、出勤していないと切れないし、それまでに仕入れてもらわないといつもあるわけじゃないんです。
「わかりました!いつものカット何グラムにしましょう?」
「500グラム2本でお願いします」

そして今朝。
いつもは電車通勤のパパが、「忙しそうだし、俺が車で出勤して帰りにとってきてあげるよ」「できることがあったらするから」って。
・・・このお店、私の家から40分。
時間に余裕がないことを察したパパからの言葉に甘えて、お願いすることに。

急ピッチで仕込み。
今月も50名のランチなので、ちょこちょこっとが結構な量なんです(;'∀')
それでも、夕方には準備もできて、後はパパが持って帰ってくれるローストビーフを仕込めば出来上がり!!
ほっとしたのもつかの間・・・
パパからの電話。

「お店にいてるんだけど、注文されてないって言ってるんだけど、今みんなに聞いてもらってるから、もう少し待っててな」
「・・・うん・・・」
私がローストビーフのお兄ちゃんに電話すればいいっか!!って思い電話。
「もしもし・・・奥田です。」
「あ~奥田さん、今電話しようかと思っていたんですが、何時に来られますか?」
「え~っと、いまお店に主人が引き取りに伺ってるって連絡があったんですが・・・」
「おかしいなぁ、お店にはお客様がもうおられなくて」
お店は閉店間際・・・・・

「奥田さん、ご主人様お店を間違えておられませんかねぇ」
「そんなことはないと思います。いつも行ってるし、天理は地元なんで間違えるはずはないと・・・」
「えっ?天理って何県ですか?」
「えっ?何県って奈良県ですよね?」
・・・どんな会話・・・(;'∀')

「奥田さん、ここ大分県です・・・」
「えーっ!!どうして?」
・・・頭の中で整理する時間が必要なくらい動揺してしまった。

「私、いつものお兄ちゃんだと思って話していて・・・しかも私のアドレスに入ってる連絡先のはずが・・・どうしてですか?」
・・・そんなこと知ったことじゃない・・・はず・・・。

なのに、ローストビーフのお兄ちゃん、
「僕のお肉はどうにでもできます!!きっとご主人様が心配されているはずだから、先に連絡差し上げてください・・・!!」なんて優しいこと言ってくれて。

「パパー・・・お店間違えてた。ごめんなさい」
「私、いつものお店にかけていたと思ったら、大分にかけていたみたいで・・・そこにはないの。」

「そっか・・・明日いるんやろ、今からいくつかお店回って探してくるからご飯食べとき」
「誰にだって失敗はあるよ。お店の方に謝っておくから大丈夫やから」
・・・
わがままだけど・・・「ローストビーフのお兄ちゃんの切ったお肉じゃないなら、もういいの」

そんなこんなで、明日のローストビーフは、別のお肉料理に・・・。

まだ納得いかないのは、なぜ私のアドレスに大分のお店が入っていたのか?
そうだった!
大分のローストビーフのおにいちゃんに電話しなきゃ!
「奥田です・・・」もうローストビーフでお世話になってるなんて言えない・・・
「本当にご迷惑をおかけしてしまい・・・すみませんでした」
「いやいや、僕がいつもローストビーフを注文される奥田さんと勘違いしたからいけなかったんです」

・・・大分の奥田さんって方も、このお兄ちゃんを頼ってローストビーフを注文してるんだ・・・不思議なつながり。

聞けば、500g2本も同じ注文の仕方で、「いちぼ」って部位も同じ。
「また、何かございましたらいつでもご連絡お待ちしています」

・・・お詫びに行ける距離ではないし、何かもございません。
合わせる顔もないっていうのはこういうこと。
引き取りますって言っても、心配ないと諭され、結局はとんだ勘違いでたくさんの人に迷惑をかけてしまいました。

また今日も、やさしさに救われた1日でした。
ローストビーフのお兄ちゃんは、みんないい人ってことも。
このおっちょこちょいは、どうしたら治るのか・・・
反省しながら眠ります。

明日は、皆様に喜んでもらえますように・・・(*´з`)




[PR]
by cotocoto4 | 2018-10-17 23:45 | コンフィチュール